国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センタ

Posted by ヨカキチ on November 16, 2018 in 車下取り

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センタ

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。この何年かは中古車買取業者についての相談は増加中で、一向に減る気配が見られません。よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、断っても執拗に営業電話が来て困っている、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

悪質な業者に当たったときなどは、かならず誰かに話を聞いてもらう事がまず第一です。

私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町です。

窓を覗けば海が見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、快適な暮らしなのですが、困るのは潮風で車がボロボロに傷んでしまいます。

以前住んでいた海から遠い場所では、車にこんなに錆が出てボロボロなんてことはまさかなかったことです。

今の愛車は車の下取りに出して、新しい車を手に入れたいです。

中古車を売却するときに必要なものを調べてみました。

売却金額を振り込んでほしい振込口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを用意しておきましょう。説明書やスペアキーもあれば査定金額が上がることも十分あります。買取業者が行う中古車の査定ポイントですが、走行距離、年式、排気量、次の車検までの期間が該当します。他には、車体に傷が無いのか、車内の状態なども重要なポイントです。意外と盲点なのが、時期や季節です。

新車種の発売前やモデルチェンジ前などには普段より高く買い取ってくれるそうです。出来るだけ高く買い取ってもらうのならば、こうしたタイミングを逃さずに、一括査定サイトなどで複数の業者の同時査定を受けること、業者に査定を依頼する前に、洗車や車内清掃で出来るだけ綺麗にしておくと良いです。こうしたことが満足度の高い売却への近道ですね。

車を売る時に、少しでも高く販売したいと考えるならば、様々な会社に査定を依頼してから売ることにした方が良いと思います。なぜなら、その会社により査定額や条件などが違うことがあるからです。

後々後悔しないように、いくつかの査定を受けるようにするのが勧めています。「無料」好きというのもあって、一度無料出張査定サービスというのを使って車を売却してみたことがあるのですが、その時に、査定をする人のプロフェッショナルぶりにすっかり見入ってしまいました。見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。

外装の一部に擦ったような小さな古いキズがあり、それには全く気づいてなかったので少々驚きました。

プロの技術者の、確かな腕を見せてもらいました。

でも、それ程減点されなかったので安心しました。自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かかるものですよね。

自宅周囲に現実的に利用可能な交通機関が発達している等で、車がないことで相当の不便がなければ売りに出してしまうことで大幅な節約になるでしょう。自動車を維持するための費用の内訳を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。これらを総合的に見ると、1年間で数十万円もかかってしまう場合も見られるのです。一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗うべき、という意見と、洗ってはいけない、という意見があります。

査定の人に隅々まで見てもらうわけですから、洗車しておけば良いだろうと考えてしまいますが、そうすると、汚れの下に隠れていた微細な傷まで露わになってしまうわけです。

とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。洗車していても、そうでなくてもキズの見落としをするとは考えにくいでしょう。

そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、汚れを落としてきれいに洗っておけば良いでしょう。買い取りの専門業者を使って車査定をするなら、一番気を付けたいのは、明確に客を引っかけようとしている、質の悪い業者に捕まってしまうことです。初めに決めて納得していた査定額から、相場が変わったなど理由をこじつけて金額を減らそうとする、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、催促するまで入金してこなかった、等々少しネット検索するだけで、気が重くなるようなエピソードも多く見ることができます。

ネットに流れる口コミ情報が、どれもこれも本物だとは考えにくいのですが、誰もが知っているような有名業者が査定でペテンのようなことをしてくる、という話もあり、多少は警戒した方がいいのかもしれません。買取に出そうと考えている所有車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を業者側から提示されたときには、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。自分の車の売却価格の見積もりを出してもらったとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

一番最初の見積金額では売れないと言うとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

中古車を査定するときに査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと授与されないので、中古自動車査定士の資格がある人は、定められたレベル以上の査定が出来ることが分かってもらえるのではないでしょうか。動かなくなった車はどの買取業者であっても売れる訳ではありません。

買取りがかなわない中古車業者もあるでしょうから、用心してください。逆を返せば、走行不能者や事故車、水没車などの車を、有り難いことに前向きに買取してくれる専門業者もあるのです。

専門業者に買取してもらえれば、一見価値など無く見える車でも高値で売れるかも知れません。二重査定という制度は中古車買取業者においては都合が良いものでありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。

悪質業者にかかると、巧みに二重査定制度を利用して、ずいぶん査定額を下げてくることもあります。

二重査定制度の問題を避けるためにも、契約を行う前に契約内容をしっかり確かめること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。査定の際には、以下の三点が大切です。

急いでいても、一社の査定だけで売却してはいけません。

一括査定サイトなどを十分活用して、車買取を扱う業者を幅広く探して比べるのはタダなのです。

現物査定前に、高く売れるように掃除することが有利な査定につながります。また、必要な書類は事前に確認しておき、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

自分ではきちんと注意していたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があるので気を付けなければいけません。

後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

わざと隠し立てしていたりしなければ、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、自ら承服する必要はないと言えます。